ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体が変われば、意識が変わる

「身体が変われば、意識が変わる」というのが僕の経験上の実感です。

「身体が変わる」ということは言い換えれば「身体の使い方が変わる」ということになります。

人の判断の規範というのは実は身体感覚にあるということは意外に知られていません。ちょっと考えれば気がつくことですが、例えば仕事で初めて会った人と挨拶をかわす時、丁寧な挨拶には好感を持ちます。この「丁寧」という感覚はどういう感覚かというと、挨拶を「チャン」とされたという感覚です。

では「チャン」とするとはどういうことかというと身体を「全体運用」するということです。

身体を全体運用することにより、その人の能力が発揮されるのです。
だから子供に「チャンとするってどういうこと?」と訊かれたら、「身体をひとつにまとめて物事を行うということだよ」と教えてあげましょう。

出来れば、親が生活の中で「身体をひとつにまとめて物事を行う」ことを見せてあげると子供の共感と理解が得やすくなります。

そうすることで人は自分の能力を育て、発揮していくことが出来るのだということが分かれば、人生に於けるいろいろな問題を解決するよすがになるでしょう。

「なんだか最近うまくいかない」と思ったら、身体の使い方を丁寧にするようにしてみることを御勧めします。理屈では解決しなかったことが、変化していくかもしれません。
スポンサーサイト

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。