ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活性って?

知識や技術って感覚を動かすこと以外に何か使い道があるんだっけ?

感覚というもの程不当にないがしろにされているものは無いと思う。

生きているということは感覚体験に他ならない。
なのに知識を詰め込み、感性を鈍らせる
知識はデータ化されてるだけじゃ意味が無い。
我々の眼に触れ、感覚が発動されてこそ意味がある。

感覚は当てにならない。
そうです。女心も当てにならない。

当てにならないのが我々の本質なので、
当てになるようにけなげに生きてるのが我々なのです。
と、僕は思っています。

人が活性すれば地域でも何でも活性する。
では人はどうやったら活性するか?
簡単です。

感覚が発動している時。
感覚が変容している時。
感覚を運用している時。

この三つです。

『感覚が発動している時』
気持ちが動いている時。
わあ!きれい!素敵!怖い!気持ち悪い!悲しい!嬉しい!等々。

『感覚が変容している時』
今までとは違うことが出来るようになった時。
自転車に乗れた!、合格した!子供が生まれた!等々。

『感覚を運用している時』
情報を発信している時。
音楽を作る、文章を書く、愛を伝える、応援する等々。

浮き世に生きる我々の生き様は当てにならない感覚というものに支えられている。
当てにならない愛という言葉に僕は燃えるのです(笑)




スポンサーサイト

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。