ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真荷舟という舟

P1020639.jpg


偶然と必然の境が揺らぐ時、世界はその真の姿を現わす。
「真荷舟 まにふね」というコトバは連日の作曲で極度の疲労に落ちいったある夜、もうろうとした意識で無意識に打ったキーボードのタッチから生まれた。モニター上に浮かび上がったそのコトバは不思議な存在感を持って僕の記憶に刻まれた。そしてそのコトバは今、確かな鼓動を打ちはじめている。

胡蝶の夢
子供のころ、時間はいつ始まったのか?宇宙はどこにあるのか?という根源的な疑問に悩まされた。三次元に生きる身のはかなさで、すぐに思考限界に陥り、その答えは得られなかった。そして答えの代わりにいつも必ず激しい恐怖に襲われた。その恐怖は死であり闇であり無であった。

水のめぐりに
同じく子供のころ、小さい小川を見つけると必ずその源まで辿らずにはいられなかった。突然地面から姿を現わす水。あるものは砂を舞い上げながら、あるものはポコポコと音を立てながら慎ましやかに世界に加わっていく。それを眺める度、私は激しい喜びに打ち震えた。その喜びは生であり光であり愛だった。

メッセージ
ある朝、不思議な夢を見た。そこでは世界の全てが音だった。無数の鈴が響きあってなっているようなその音は僕にこう呼び掛けていた。
「アナタガ ソンザイシテイルトイウ ソノ ハカリシレナイ ヨロコビヲ シリナサイ」

生と死を分かつもの
私は高校生の時、バイクの事故で死にかけた。その後遺症を克服するのに20代のほとんどを費やしたといってもいい。
その時私はバイクの後ろに乗っていて突然道を塞いだ車に衝突した際、その車を飛び越えてアスファルトにたたきつけられた。しばらく何か狭いところに閉じ込められたような感じで音がぐるぐる周りを巡っている。
すると突然、潮の香がした。

「あ、そうか海のそばを走っていたんだな、いい香だなぁ」

そう思った瞬間、ぐるぐる巡っていた音が「大丈夫ですか?」というコトバに変わった。男の人が懸命に呼び掛けていてくれたことにその時気付いた。
後で知ったことだが、人が生きるか死ぬかの瀬戸際にある時、いい香りを感じられるかどうかということがその行方を知る手がかりになるらしい。

20歳になってこの交通事故の後遺症が様々な形で現われた。病院をたらい回しにされ、ヨガや呼吸法、気巧等の道場にかよったが自分にあわなかったのか、ダメだった。ほとんど寝たきりの状態になった時、友人がある身体技法の稽古場に連れていってくれた。そこで様々なこと学び、また音楽を始めることができるようになった。

チャンネルを変える
そこで学んだことの大きなもののひとつに「チャンネルを変える」ということがある。どんなに不調でも自分の中に「元気」なものを見つけだすことができれば身体は変わる。身体が変われば自ずから人生も変わる。
西洋医学の提示するものとは根本的に異なる生命観、身体観に最初は戸惑いながら稽古を実践していく過程でそのことの正しさに気付いた。もちろんそれは簡単なことではないが、いわゆる「良い状態をイメージする」とか「前向きに考える」とかいうのとは根本的に違う状態を生み出す。

自分の中に全てが反映されている。自分の中に「それ」を見出した瞬間に世界は変わりはじめる。

何があるのか?
2001年の10月、家が火事になった。原因不明。昼間の外出中に火が出て、偶然早く帰宅した近所の人が発見してくれたおかげで周りの家は燃えなかった。
生命(家族、たまたま連れて出た犬、ネコ達)は助かったけど、乗って出かけた車と着ている服、そして本当に偶然持って出たギター1本以外ほとんど燃えてしまった。その日寝るところもなくなってしまった。
しかし不思議なことに身体の奥底からものすごい元気が沸き上がって来た。
そして実感した。

「一体何があるのか?」

そして大きな潮流に自分達が乗っていることに気付いた。始めから乗っていたことに気付いた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。