ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物多様性

P1030292.jpg

「生物多様性」とい言葉を「聞いたこともない」と答えた人が61.5%に上ることが内閣府の調査で分かった。

生物多様性とは何か?

以下、毎日新聞 2009年1月12日 東京朝刊より引用。

『エコ・ワード:生物多様性 どんな状態のこと?
 地球上には3000万種の生物が存在すると言われています。「生物多様性」は、あらゆる生物と、それらによって成り立つ生態系、さらに遺伝子レベルでも多様で豊かな状態を指します。

 私たちは生物多様性のおかげで、食料、木材、衣服、医薬品など多くの恩恵を得ています。しかし今、生物多様性は危機に直面しています。開発や地球温暖化の影響で、毎年約4万種が絶滅していると推測されています。

 1992年に採択された国連の生物多様性条約は「生物多様性が失われる速度を2010年までに顕著に減らす」との目標を立てました。日本も含め191の国・地域が参加していますが、達成の見通しは立っていません。それだけに、名古屋市で来年開かれる同条約第10回締約国会議(COP10)は、新たな目標と戦略を練り直す重要な会議となります。

 生物多様性という言葉になじみが薄いのも事実です。愛知県が昨年7月実施した意識調査では、86%が「あまり知らない」「ほとんど知らない」と答えました。会議をきっかけに関心が高まることが期待されます。』

DSC02349.jpg

ということらしいです。


僕なりに簡単に言うと、
「みんな違ってみんな良い」ということです。
「違い」があるからこそ直接的・間接的に助け合うことが出来る。
これは21世紀の哲学としてもっともっと研究させるべき主題だと思います。
P1000829.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。