ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町彷徨

最近、墨田と縁が出来て何かと出向いている。

地域メディアプロデューサー育成や映像制作の仕事で関わり始めたのだが、
非常に居心地のよい土地だということに気づいた。

鎌倉もそうだけど、人が住み始めて時間が経ったところ(最低数百年単位)というのは独特の落ち着きがあるような気がする。

高さ610メートルという新東京タワー、スカイツリーが建設中なので非現実的光景が押上のあたりに現れているにも関わらず、近くの商店街は昭和の風情を残し、迷い込むと方向感覚を失うほどのカオスに溢れている。

映画「ブレードランナー」の世界よりサイバーパンクな現実がそこにはある。

非現実的な構造物の出現にも揺らがない土地の落ち着き。
そこには希薄ながら厳然としたethosを感じ取ることが出来る。

そして彷徨い、包まれることの快楽に目覚めることの出来る混沌が生成されている。
この心地よさは何と言えばいいのだろう。

森や海が織りなす自然ではなく、暮らしが織りなす自然としか言いようのないもの。
混沌が今の世に最も必要とされているものなのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。