ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方法はいろいろある

IMG_0024.jpg


ブレークスルーの方法はいろいろあります。

逃げたり、立ち向かったり、あきらめたり、やめたり、防御したり、攻撃したり、泣いたり、よけたり、ぶつかったり、考えたり、助けを求めたり、瞑想したり、行動したり、試してみたり、別れたり、愛したり、憎んだり、無視したり、悲しんだり、喜んだり、一人でやったり、誰かとやったり、就職したり、退職したり、結婚したり、離婚したり、病院に行ったり、自然治癒力に任せたり、一句詠んだり、絵を書いたり、本を読んだり、彼氏を引っ掻いたり、テレビを捨てたり、リラックスしたり、緊張したり、興奮したり、散歩してみたり、映画見に行ったり、旅に出たり、死んだふりしたり、いろんなふりしたり、妄想にふけったり、人の手助けをしたり。。。等々

IMG_0021.jpg


僕は「前向き」というのが絶対とは思わない。
もちろん「後ろ向き」が絶対とも思わない。

そういった意味では手段は選びません。

おっかなびっくりだって全然かまわない。

僕にとって最高のプライオリティは「臨機応変」ということです。

性格や体力、そして時と場合に応じていろいろな方法を使い分けたらいいのだと思います。「絶対、傷ついてはいけない」とか「絶対、幸せにならなければならない」とか抽象的な概念にあまりとらわれず、むしろそれらを都合よく利用した方が人間の進化の過程に適っていると思います。

熱は上がりきれば(役目を果たせば)自然に下がって来ます。
中途半端に熱を下げることを考えるより、むしろ上げきる方に意識を向けた方がいい。
その方が熱はさっと上がって、さっと下がります。

同じように肩の力が抜けないときは無理に抜こうとせず、むしろ力を入れきった方がいい。
そうすると自然にほどけて来ます。

上手に行ききらせると、次の扉がちゃんと開きます。どうもそうなっているらしいです。もちろん科学的に証明することは無理ですけど(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。