ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Communication Breakdown

P1040050.jpg



コミュニケーションは「伝わる」と「伝える」という二つの働きで成り立つ。

今は、他者の「伝える力」=「相手に理解してもらう力」の虚弱さだけを批判して、自分の「伝わる力」 =「相手を理解する力」の貧弱さを棚上げしている傾向が強いような気がする。

「伝わる力」は思いやりを持たないと鍛えられない。
自分の感受性を開いていく作業だからね。

日本人はコミュニケーションがへた、とちょっと前はよく言われていたけど、これは逆に言うと「伝わる力」が高度だったので、「伝える力」が表に出なかったということかも知れないね。

そういう関係の中で育てられたコミュニケーション法は他のシステムの中では最初は誤解を生むかも知れない。

また、世代間でコミュニケーション障害が起こるのは当然の事でこれは何万年も前からあった事だと思う。

特に最近は、社会は縦割りに、そして学校は横割りに分裂させられているので、その傾向が目立つのかも知れない。

「伝わる力」の有り様が、「伝える力」の有り様を成り立たせている。
つまり他者からのメッセージを汲み取る姿勢と自分のメッセージを明確化する作業は深くリンクしているということだ。

人それぞれの「有り様」を認めていく能力は元々人に備わっていると思うのは僕だけだろうか?

コミュニケーションの可能性を探っていくといろいろな事が面白くなっていく。

「コミュニケーション・ブレークダウン」も何かを生み出すきっかけにすればいい。

コミュニケーションの可能性を広げる場作りは大変だけど楽しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。