ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男はつらいよ

昨日、熊本に行ってきました。
長男の一馬を連れて。

亡父は天草出身なので熊本県人でした。
熊本城は素晴らしい城でしたよ。
残念ながら休館日で中に入れなかったけど、
優れた城だというのは地形とその威容見ただけで分かります。

銀行に用事があって来たのだけど、
街を歩いても右も左も分かりません。

なんとか目的の銀行を見つけ用を済ませ、さて昼食でもと思って
「新市街商店街」を歩いていたら映画館が目にとまりました。

「お,ボン・ジュノの新作やっているな」と上映作品のポスターを見ていたら、そこに「男はつらいよ」のポスターを見つけました。

亡父が僕と同じ年の頃、「男はつらいよ」を観に、
ちょうど一馬と同じ年頃の僕を銀座の松竹に連れて行ってくれました。

父は送電線工事の会社をやっていました。
高度成長以後の日本の電力の安定供給に尽力して来たのです。

父は身体も大きく声も大きかった。
普通に話していても子供の僕には怒っているように聞こえました。
熊本弁で僕には理解できなかったからかもしれません。
小さい頃、僕は父が怖かった。

だけど大勢の屈強な男達が父に従う姿を観て、
子供心に誇らしかったのを覚えています。

父はほとんど家に帰って来ませんでした。
たまに帰って来てもすぐに遠くの現場に行ってしまう。

ある朝、父が行ってしまうのが悲しくて僕は追っかけていって泣きました。そのことを周りの男達にからかわれ、照れ笑いする父の顔を今も覚えています。

無口で実直な九州男児。

そんな父がしばらく家にいる期間がありました。
盆と正月です。

父は必ず盆と正月には僕を連れて銀座の松竹に行きました。
僕の初めての映画は「男はつらいよ」だったのです。

腹を抱えて笑ったり,時々涙ぐんだりする父を観て、僕はなんだか嬉しかったのを覚えています。

僕は男とはこういうものだということを父と寅さんから学びました。
彼らは僕にとっては未だ超えることの出来ない巨人です。

自分の会社を傾けてまで友人を助けた父。
愚痴も泣き言も聞いたことがなかった。
どんなにつらいことがあっても自室に戻るとテレビを見て大笑いしていた。
「どんな神経をしているんだろう?」と僕でさえ訝しんだものです。

しかし,今は何となくわかる気がします。
過ぎたことや自分の度を超えたものに対してくよくよしてもしょうがない。
機が熟せば物事は動く。
父はそのことを知っていたようでした。

今、僕は大人になり父は鬼籍に入ってしまいました。
しかし映画の中の寅さんは子供の時観た印象と少しも変わらない。
若々しく愚かで魅力的なままでした。

一馬も腹を抱えて笑っていました。
言葉が分からなくても,意味が分からなくても、
人の姿は何事かを語る。

今、僕が映画の仕事に関わっているのも父の結んだ縁かもしれません。

いい映画を生み出します。
家族の絆が深まるような。
父が腹を抱えて笑うような。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。