ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながりたい

昔、RCサクセションが「お?つきあいたい?」と歌っていた。

なんで突然思い出したのかと言うと、昨日の仙谷大臣の視察の後、墨田の京島でそこに移り住んだ30歳前後の連中との交流会に臨んだ際、彼らは「つながりを」求めてこの下町に移り住んだということを知ったからだ。

つながりたい

この言葉を頭の中で繰り返しているうちに先の連想に通じてしまったというわけだ。

しかし、かの歌と大きく異なっているところがある。
それは、彼らはたとえ「そいつがあれを持って」いなくてもつながりたいという強い衝動があるということだ。

彼らは根拠無くつながりたいのだ。
何となくつながりたいのだ。

根拠無くとか、なんとなくとかいうのは人間を最大に衝動させてしまう。
それは人間を最強に動かしてしまうのだ。

交流会の会場は、長屋の一室を改装して住んでいる女性の家だった。
昔の木造の作りを生かしてかなりセンスよく暮らしている。

僕はてっきり彼女はArtistだと思い込んでいたのが、実はOLと聞いて驚いた。
しかも彼女の実家は鎌倉で同じ町内で同じ6丁目だと聞いてさらに吃驚!
俄然盛り上がってしまったのだが、普通のOLが繋がりを求めて下町に移り住んだというところに興味がわいた。

オートロックもないし、安全面で不安があったけど近所の繋がり強く、歴史的な相互監視と相互扶助のシステムが今も生きているのでかえって安心なのだという。

孤独死という言葉が言われ始めて久しいが、この街ではそれはしたくても出来ない相談だ。毎日誰かが訪ねてくるし、こちらも誰かを訪ねる習慣が出来てしまうのだ。

面白いものだ。

こういった近所の付き合いや親の監視から逃れたくて核家族化してきたのに、今では大きな意味での家族への回帰衝動が生まれて来ている。

時代はループしているということか。

若いアーティスト達が飢え死にしないのも近所のおばあさん達が目を光らせているからで、彼らはそこに暮らすことで必然的に地域と関わり地域化していくことになる。

グローバルとはローカルの高度情報化のことなんだけど、
その実例になればいいなと思う。

バランスした豊かさ

この地域にはそれがある。

昨日の交流会だけでも20人以上の人が集まった。
これでもセーブしたのだと主催者が言っていたけど、
家主の彼女は大変だったと思う。
どうもありがとね!

またちょくちょく行きたいと思いました。
まる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。