ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の空想を制する者が世界を制する

はっきりと根拠があるものよりも「何となく」の方が力を持つ。
事実より空想されたものの方が力を持つ。

はっきりと根拠のあるものははっきり意識出来る。
はっきりとしているから力を持つように感じる。
しかし実際は、はっきりしない漠然としたものの方が人を強く支配しているのだ。

潜在意識という計り知れない領域に広がる感覚は言葉にならない「モノ」で占められている。
圧倒的な感覚量に方向性が生まれていることを示すのが、
「何となく」という感覚として認知される。

「何となく」には審判者はいない。
むしろ「何となく」が審判者として振る舞おうとする。

そこでは事実より空想の方が力を持つ。
上手く運べば現実に有効に働く。
しかし逆に働けば教祖のいう通りに殺人さえ厭わなくなる。

例えば政治家を選ぶ場合、彼らや彼らの世界の事実を知ることはほとんど不可能だ。
例え、ジャーナリストが介在したとしても、
そこには予断が必ず入ってくる。

我々がコミュニケーションを行う場合、
「こう見えるからきっとこうだろう」とか
「こういう風にいわれているからきっとこうだろう」とか
「こういうふうにいわれているけれどきっとそうではないだろう」というように
「きっと?」という部分が必ず入り込む。

「きっと?だろう」で世界は出来ている。

これは人間の限界であるとともに特徴でもある。
限界を有効に使う手段をそろそろ考え出した方がいい。
コミュニケーションを激変させる「新しい言語の時代」はもうやって来ているのだから。

人の空想を制する者が世界を制する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。