ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛故に

意識というのは宇宙とは別の次元にあるんじゃないのかしらと最近強く感じている。

我々一人一人の意識は元々「ひとつの意識」で、
それが個別化して「私」になり、
個別化した「私」が年老いてぼけると
また「ひとつの意識」と行ったり来たりし始めて、
死をもって「ひとつの意識」に戻る。

個別化した「私」の意識は「時間」や「空間」という概念にしばられ、
それ故に「意味」の奴隷となる。

「時間」や「空間」そして「意味」というものを
自分より上位に設定して右往左往することをやめれば、
個別化した「意識」を楽しむことが出来る。

「ひとつの意識」を仮に愛と呼べば、
「私」は愛から産まれ、愛に還ることになる。


生きる「意味」は自分で作ればいい。
愛故に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。