ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧すれば鈍す

物事を過小に扱う傾向のある人は孤独になる。

彼らは気付くべきことに気付けない。

人は気付くべきことに気付かない人と一緒に時間を過ごそうとは思わない。

だから孤独になる。

彼らにとっては「ちょっと」としか感じられないことも実際は深刻な事態を彼ら自身に招いている。

悲しいことに彼らはそのことにさえ気付くことが出来ない。

何故か?

それは彼らが「貧」だから。

「貧すれば鈍す」と言われるように彼らは何かに「貧」している。

「貧」とは充足の欠如。
それは潜在的な不安と不満。
だから現実を素直に見ることが出来ず、物事を過小に扱おうとする。

そして充足の源を他に求めようとする。
他を使って充足をはかろうとする心がそもそも貧。

充足は自ずから起きるもの。
そう覚悟を決めれば身に起こすことの出来るもの。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。