ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、目の前にあること



今、目の前にあること、をすべて迎え入れる。

僕は以前、ツアーで地方に出かけた時大接待を受けた。
寿司、刺身、ステーキ、どでかい海老フライ、日本酒、洋酒と普段一遍には口にしないごちそうの数々。案の定あとでえらいことになった。

その夜、ホテルで脳溢血か脳梗塞の症状に突然襲われた。その時は咄嗟にそれを止めたけど未熟なので下頸で受けとめてしまい、そこがパンパンに腫れて、強い鈍痛に苛まされ一睡も出来なくなってしまった。

あまりの苦痛に何も出来ず。翌日車の中で唸っていると。
太陽の光が心地よいのに気づいた。
それを手のひらに受け、全身に広げていくことをした。
これは我々が「迎え入れ」と呼んでいる技法のひとつだ。

そのうち「苦痛」の中に僕を前に進めようとしている力が働いていることに気づいた。太陽の暖かい光がその「働き」にまさしく光を当ててくれたのだ。

そのうち体中が光でいっぱいになり、いつの間にか眠ってしまった。

起きたら、全身汗びっしょり。

でも痛みは消えてなんだかさっぱりしている。

苦痛の中にも自分を生きさせようとするものがあることに気づいたこの経験は僕にとっては大きいものとなった。 

今、目の前にあることはそれがたとえどんな形をとって現れようと、僕たちを前に進める何かを内包しているのかも知れない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。