ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンとするということ



90歳をとうに超えた祖母から来たハガキを見ながら、
「チャンとする」ということに思いを新たにした。

僕は小さい頃、祖母に育てられた時期がある。
その頃、父は送電線工事の会社を立ち上げたばかりで、
母も50人ほどいた従業員の人たちの炊事洗濯等を全部一人でやらなければならなかった。

ちょうど高度経済成長の後半の時期にあたり電力はいくらあっても足りないという時代だった。

皆さん「なんでこんな山奥に」というところに鉄塔が立っているのを見たことがあるでしょう? そんな山奥に鉄塔立てるのだから宿舎には電器や水道などあるわけがない。母は毎日、宿舎の下を流れる川まで水を汲みにいったそうだ。一日の大半はそれに費やされた。

小さい頃の僕は今と違ってとてもやんちゃで、ちょっと目を離すとすぐにどこかに消えてしまって、僕のいないことに気付いた母をパニックに陥れていたらしい。何しろ熊や猪が棲息するほどの山奥なのだ。

ある日、僕は決定的なヤンチャをしてしまった。
近くの池に溺れて浮かんでいたところをたまたま通りかかった従業員に発見され、
一命を取り留めるという事件を起こしてしまったのだ。

母は重労働を続けながら、僕を「監視」し続けることの困難さを思い、
結局、自分の母親(僕にとっては祖母)に僕を委ねることにした。

そして僕は鹿児島の祖母のもとに送られることになった。
祖母は一人暮らしで(彼女の夫は戦死していた)自分で田舎に雑貨店を経営し、生計を立てていた。

鹿児島は昔は「薩摩の国」と呼ばれ、そこに住む侍達は、映画「ラストサムライ」に登場するサムライの原型になる程の益荒男ぶりを誇った。

祖母も「薩摩」の教育を彼女の母や祖母達から徹底的に叩き込まれた世代で、その教育がそのまま僕にも注ぎ込まれることになった。

当時の鹿児島は夢のようなところだった。
生き物はみんな大きく生き生きとしていた。
朝起きて戸を開けると祖母の育てている花々の匂いがさわやかな風とともに家の中に流れ込んでくる。空はどこまでも高く、桜島の火山灰を含んだ大地は南国の太陽に照りつけられて陽炎をくゆらせている。
今は廃線になってしまった宮之城線の線路わきの側溝はすぐ横の崖から湧き出した水に満たされ、そこには鮒や泥鰌、時には亀までが住んでいて、子供の僕にとって正に楽園だった。

おかげで両親から遠く離された寂しさを感じることもなく、
僕は毎日過ごすことが出来た。

しかし祖母の教育は厳しかった。
いつも「チャンとしなさい」と言われ続けた。
「チャンとしなければだめだ」としかられた。

おかげでいつの間にか「チャンとする」いうことが、
感覚的に身に付いた。

ではこの「チャンとする」とはどういうことか?
自分の子供を躾ける立場に立った今、
これを言葉で説明する必要が出てきた。

「チャンとする」とは要するに自分の背骨が全部感じられるような姿勢をとるということ。つまり自分の中にしっかりとした中心感覚を持つということだ。

「襟を正す」ということも同義だ。
試しに正座して襟を正してみればいい。
自分の背骨がよりはっきりと感じることが出来るはずだ。

自分の背骨がはっきり感じるようになればどうなるか。
美しく「動く」ことが出来るようなるのである。
美しく「動く」とは合理的に身体を動かすことに他ならない。
合理的に身体を使うことで全力で物事にあたることが出来る。
野に生きるケダモノ達のように。。

自分の中に中心をしっかり出すこと。
自分の軸を身の中にしっかりと感覚すること。
これがすなわち「チャンとする」ということなのだ。
これは人間の活動全般に通ずる基本なのだ。

このシンプルな感覚が人生に起こってくる様々な物事を乗り越えさせてくれる。
だからこそ祖母は僕に徹底的に「チャンとする」ことを叩き込んだのだと思う。

ともすればまとまりなく混沌としがちな自分のよりどころを
しっかり身のうちに持つことが「チャンと生きる」ことなのだと
祖母は僕に伝えてくれたのだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。