ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客観的に物事を見るとは?

「私は客観的に物事が見れる」と言って辞任した首相がいたが、そもそも客観的とは何なのだろう?

大辞泉によれば、
1 主観または主体を離れて独立に存在するさま。
2 特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。

ということらしい。

ここにプラトンやヘーゲルを持って来たら話がややこしくなるのでやめるけど、要は自分のことを「他人事」として観るということなのだろう。

科学というのはこの客観的な作業の積み重ねらしいのだが、僕にはどうにも違和感がある。

もちろん客観的事実というものはある。
いつ、どこで、誰が、何をした。というのがそうだ。
(最後の「何をした」というのは気を付けないといけないけど。。)

でも客観的事実の把握だけで政治は出来ない。
ここに主観の力が大きく必要になってくる。

つまり「客観的事実はこうだ。だから私はこれをする」というところだ。
かの人は「これをする」という状況ではなくなってしまったのが気の毒だとは思うけど。。

話がそれた。
何を言いたかったんだっけ?

あ、そうだ。
客観的になるということは、客観的事実の把握だけでは事足りないのでは?と今朝、起きてからふと思ったのだ。

今、僕は心臓が苦しい。
まぁ「主観的」に言わせてもらえば身体の調整中ということなのだが、「客観的」に言えば病院に行くべきなのだろう。いけばすぐ入院させられてしまうだろう。血圧が下がってるし、心臓の機能が低下してるからね。

でも僕は知っている。あと少ししてこれを抜ければ、さらに強力に元気になってしまうことを。これが自然の働きだということを。だって心臓病じゃないんだから。でも今、検査したら心臓病にさせられてしまう。これが「客観的」な見方の弱点であり限界だ。

客観的に「金融危機だから首になりました」では人生たまったものではないだろう。しかしこういった時にこそ役に立つのはその人の持つ「主観の力」ではないだろうか?

>1 主観または主体を離れて独立に存在するさま。

これは人であるかぎり無理がある。魂になる以外、客観性が保てないということになってしまう。そういうつもりでというのなら分かる。

>2 特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。

これは難しいけど努力する価値はある。だって、自分の思い込みに縛られるのは愚かなことだから。(けっこうやってしまうけど)

量子物理学での「観察者」の問題ではないけど、結局、世界は空っぽの入れ物ではないので、自分と世界とを分けて考えること自体が究極的に無理なのだ。観察者の振る舞いが「対象」に影響を与えてしまうのだから。。

宇宙は言う「私は世界で世界は私だ」

でも生活レベルではこれでは不便になる。
夜、家に帰ったらまたっくの他人が家にいて「これは私の家です。何故なら私は世界で世界は私なのだから」とかいわれても迷惑ことになってしまう。
映画にしたら面白いかもしれないけど。。

結局、主観と客観を絶対的に分けることは不可能なのだから、「分けたつもり」でやるしかない。

僕はこう思う。
客観とは主観を広げていく作業。主観をどんどん多様化させていく作業なのではないかと。


また心臓が苦しくなって来た。
客観的にも主観的にも休んだ方がいいと思うので横になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。