ケダモノのすすめ
内なる野性にしたがい日々を生きる男の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイロビは朝の3時44分

ナイロビは朝の3時44分

旅していると朝目覚めた時、自分がどこにいるのか分からなくなってしまう時がある。羽田から24時間かけてここまで来た。日本との時差は6時間。昨日は長い一日だった。飛行機の中ではほとんど眠れなかったので30時間ぶりに眠りについたことになる。
P1020421.jpg

そんなことを次々思い出しながら、ここがナイロビのホテルの一室だということに少しずつ実感がわいて来る。

ベランダに出ると真夜中だというのに大小たくさんの車がホテルのプール越しの道路を引きも切らずに走っている。

しかしその空気は素晴らしい。
たくさんの花や植物の香りがひんやりとした空気の中に満ちている。
それは小さい頃過ごした鹿児島の祖母の家を思い出させる。

ナイロビはアフリカきっての大都市だが、夜空には美しい星がはっきりと見える。
これも祖母の家を思い出させる。夜空にもはっきりとグラデュエーションがあることを久しぶりに思い出した。暗闇に、見慣れない木々のシルエットが映る。

あまりの忙しさに風邪を経過させる暇もなくここまで来てしまった。
正直体調は万全ではない。
しかし気力も体力も充実している。
ここが自分の身体を頼もしく思うところだ。
P1020499.jpg

昨日のミーティングもうまくいった。
総勢20名程の人たちと新しいプロジェクトについて話し合った。

今回の目的は大きく分けて四つ。

ナイロビ大学の森林の専門家の協力を得て、粘土団子による播種の科学的データを取ること。

そして木だけでなく食料や薬になるような植物を有機的に組み合わせて、持続可能なコミュニティ作りの基盤をつくる「SATOYAMA SYSTEM」の実証実験を行うこと。

前回行ったキブエジの子供達の元に帰り、ソーラーシステムを設置し、ラップトップパソコンを起動させ、インターネットを使った教育プログラムの基盤整備をすること。

芸大の川崎さんと組んで地球環境や「生きる」ということをテーマにしたメディアアートを制作すること。
P1020529.jpg

全部うまく行く。
それだけははっきりと分かる。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カウンター

プロフィール

榎田竜路

Author:榎田竜路
Musician、Glocal Media Producer、真荷舟、Earth Voice Project代表社員、NPO横浜アートプロジェクト理事長、NPO映像情報士協会理事長、北京電影学院客員教授、Rainmaker Project代表、身体感覚技法追求。「野生と感性と知性を一つにして地球の未来に貢献します」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。